NEWS

ライトの質を求めてみては! NAO+(PETZL)

これからロングレースのシーズン。
信越五岳、武尊山、ハセツネなど、夜間走行も多くなってきます。

そんな時にNAO+! 
MAX750lm(リアクティブ 照射140m 6h30)ですが、そこはリアクティブモードで320lm(照射85m 15h)に抑えて。朝スタート時に使用後、夜も一晩明るさを維持。
リアクティブモードは明るさが必要ない(周囲や距離を必要としない等)を自動で判断して、明るさの調整を行ってくれるので、バッテリーの節約に。
また、ダウンヒル等で明るさが必要な時はコンスタントモードも選択できます!530lm(照射135m 1h30)は明るすぎる上、時間も短いので、もっと抑えて設定も可能。

ライトもスポットではなく、足元から視線の先、そして上部まで広く取ってくれるので、暗闇での目の疲れが軽減。
ダウンヒルに集中できます。

そして、いろんなレースにサポートブースを出してくれていて、わからないことなどはその場で解決!(事前に出店は大会HP等でご確認ください)
サポートが多いのも魅力です!

今年の勝負レースの心強いお供に!